MENU
×

産毛処理でワントーンアップさせるにはアフターケアが重要!あなたは正しく処理できてる?

あなたは産毛の処理どうしてますか?

体のパーツによってはムダ毛の処理をしているという女性がほとんどかと思いますが、顔の産毛などは薄い分処理をあまりしない人も多いのではないでしょうか。

また、処理をしているという人も顔はデリケートな部分であるだけに、処理に関して色々な悩みを抱えている場合も。

そんなムダ毛処理にまつわる疑問についてご紹介していきます。

産毛処理をする前に…

女性の口元

産毛を処理する前には準備がカンジン!

準備なしで適当に始めてしまうと肌を痛めてしまうことも…

「step1」「step2」の2つに分けてまずは準備について紹介します♪

step1

step1でやることはコチラ!

  • 洗顔
  • 蒸しタオルで肌を柔らかく

「洗顔は当たり前でしょ!」と思うかもしれませんが、時間がない時に限ってふと見た鏡で産毛が気になっちゃったら…?

サッと剃ってしまいそうですよね。
でも、洗顔なしで産毛を処理すると毛穴にばい菌やホコリが入りやすくなります。

ニキビや肌荒れの原因をつくってしまうかも…!?

だから産毛処理前の洗顔は忘れないように気をつけてくださいね。

肌を温めると、産毛がふんわり浮くので処理しやすくなります。
処理前に蒸しタオルを準備しましょう。

step2

step2でやることはコチラ!

  • 「顔用」のカミソリを用意
  • 蒸しタオルで肌を柔らかく

デリケートな顔の皮膚には専用のカミソリを使うのが一番。

T字型のカミソリよりも、小回りが利くI字型が安全です。

必ず「顔用」「フェイス用」と書いてあるものを選ぶこと!

切れ味が鋭いものより、カミソリの刃にガードがついているものをおススメします。

肌をうっかり切っちゃいそうでカミソリが怖い方はフェイスシェーバーがオススメ。

フェイスシェーバー
カミソリよりも安全で本体も2000~3000円で繰り返し使えるのでコスパもバッチリ。

そして、肌への負担を考えるならフェイスクリームを使うのも忘れないこと。

刃の滑りも良くなるので絶対に用意してくださいね。

産毛の正しい剃り方

カミソリとボディクリーム

準備よりも剃るのはカンタン。

重要なのは「上から下に向かって剃る」これだけ。

その理由は顔の産毛が下向きに生えているから。

毛の流れに逆らわずに剃ることで肌を傷めずに剃ることが出来ますよ。

少し深めに剃りたい時はカミソリを持っていない手で皮膚を引っ張りながら剃りましょう。

産毛処理の注意点

産毛処理はやっちゃいけないことが3つ!

  • 毛抜きは絶対NG
  • 逆剃りはしない
  • 頻繁におこなわない

毛抜きで肌を傷つける確率はほぼ100%!
デメリットしかないので、絶対やめてくださいね。

毛の流れに逆らって剃るのも、肌を傷つけてしまいます。

産毛処理は週に何度も剃るのはNG!
産毛が生えそろう2~3週間に一回の周期で処理するのがオススメ。

処理後のケアがとても重要!

顔に手をあてる女性

産毛処理はどんなに優しく剃っても肌は傷ついているもの。

つるつるお肌にしたくて頑張ったのに、肌荒れの原因になるなんて悲しいですよね。

アフターケアまでキチンとおこなわないと、あなたの産毛処理はただ肌を傷つけただけ…

処理後の敏感な肌をコーティングして外の刺激から守ってあげましょう。

産毛処理をした肌は普段よりも敏感。

処理後の肌には、いつもの化粧水より刺激の少ない特別なケアが大事。

オススメなのは「パイナップル豆乳ローション」

パイナップル豆乳ローションの画像
保湿効果はもちろん、次生えてくる産毛が目立ちにくくなるスグレモノ!

気になった方向けに詳しく書いた記事があるので是非見てみてください。

剃ると濃くなる原因って?

鏡を見ている女性

産毛を剃ると徐々に濃くなっている気がしませんか?

あれって実際に毛が濃くなっているわけではないんです。

原因は毛の断面。

毛は伸びると先端が細くなりますが、剃ったばかりの断面はいつもより先が太いんです。

それがそのまま伸びてくるといつもより毛が濃くなったように感じちゃうんです。

産毛処理のメリット・デメリット

  • メリット

    ・化粧ノリが良くなる
    ・肌のトーンアップ
    ・スキンケアの効果がアップ

  • デメリット

    ・肌が乾燥しやすくなる
    ・毛穴の汚れがたまる
    ・紫外線から肌を守れなくなる

まず産毛がなくなるとファンデ浮きがなくなります!

処理前と比べると、化粧ノリが見違えるほど良くなりますよ。

産毛がある肌はわずかですが影が出来ているって知っていましたか?

処理後の肌は普段よりワントーン明るいはずです。

デメリットは、ほぼスキンケアで解決出来るものばかり。

正しいスキンケアを覚えられて、肌の明るさがワントーン上がる産毛処理はメリットだらけなんです。

産毛を正しく処理してキレイな肌を目指そう!

一度気になりだしてしまった産毛は、キレイさっぱりに処理したいですよね…。

キレイに処理するためにも、事前の準備正しい方法を守ること。

定期的に産毛処理をすると、古くてかたい角質もため込まずにすみますよ。

キレイな肌でいたいなら、やさしいケアを続けてあげましょう♪

ここだけ押さえれば大丈夫♪

  • 産毛処理をするときに事前にやるべきこと
  • ・洗顔で肌を清潔に
    ・蒸しタオルを用意する

  • 産毛処理をするときは顔用のカミソリや
    フェイスシェーバーがおすすめ
  • 【剃るときのポイント】
    ・上から下へ向かうように剃ること
    ・皮膚を引っ張りながら剃ること

  • 処理後の肌は敏感なので化粧水や美容液でしっかり肌を保湿
  • 負担をかけずに正しく産毛を処理しよう!

先頭へ

目次へ