MENU
×

透き通るような明るい肌になるために、美白に導くスキンケア

頑張っていても理想の美白にたどり着いていないのなら…

スキンケアを見直すべきかもしれません。

透明感に悩む女性にこそ使ってほしいスキンケア、紹介します。

美白の大敵シミ

目をつぶる女性

美白作りの邪魔になる大敵といえば、シミですよね。

透き通る白い肌にポツンと出ただけで、顔の印象がぐっと変わってしまいます。

面倒なシミにできる対策は、2種類。

できてしまったシミと、できるかもしれないシミへの予防。

同じシミでも、ケアに必要な成分は異なるのです。

シミへのアプローチ方法

鏡を気にする女性

シミにアプローチができる有名な3つの成分。

ハイドロキノン
ビタミンC誘導体
アルブチン

これら3つの成分は、それぞれシミへのアプローチ方法が違います。


ハイドロキノン
塗る漂白剤といわれるほど美白に導く成分
ビタミンC誘導体
できてしまったシミを目立たなくする成分
アルブチン
未来のシミを予防してくれる成分


手元にあるスキンケアに、目的の成分は入っていますか?

あなたの肌に必要な成分が入っていなければ、スキンケアの見直しをしましょう。

シミができた肌を美しく導く

すでにシミができてしまった肌には、ハイドロキノン、ビタミンC誘導体、アルブチンの成分が入ったスキンケアを使いましょう。

これらの成分が入っている、おすすめスキンケアは3つ。

サイエンスコスメ『ビーグレン』
1つで9役『シミトリー』
シミ予備軍まで『アスタリフトホワイト』


それぞれの特徴を詳しく紹介していきます。

実力派No.1、ビーグレン

ビーグレン ホワイトケア


くすみやシミが気になる肌を何とかしたい。
透明感のある明るい肌になりたい。

こんな悩みをもつ肌を、ハイドロキノン、ビタミンC誘導体の2つの成分で導きます。

薬学博士の技術を応用したサイエンスコスメの実力は、No.1といってもいいでしょう。

  • 肌に合わない
  • 効果に満足できない

こんな場合も、365日間、返品・返金保証を設けているくらい自信アリ!

トライアルセットもその対象なので、体験してみて損にはならないはずです。



オールインワンジェルで手軽にケア、シミトリー

シミトリー 商材画像


敏感肌でも安心して使える医薬部外品で無添加。

なのに、成分は申し分ありません。

ビタミンC誘導体、アルブチン、どちらの成分も入っているので、できたシミも予防もこれ1つでOK!

オールインワンジェルで簡単にケアできる手間いらず。

洗顔後はシミトリーだけで、9役もケア。

・美白化粧水
・美白美容液
・乳液
・美白クリーム
・化粧下地
・アイクリーム
・パック
・マッサージ
・保湿


忙しいけど美白はしっかりケアしたい!
という女性にピッタリ。


独自のテクノロジーで美白に導く、アスタリフトホワイト

アスタリフトホワイト 商材画像


CMでもおなじみ、富士フイルムのアスタリフトホワイト。

独自のテクノロジーで、シミの根源まで届いて働くスキンケアです。

ビタミンC誘導体をナノ化し、シミの根源にアプローチ。

家の中にいても肌ダメージを与えるDeep紫外線までブロック!

美容成分が肌に浸透する技術を使ってケアしてくれます。

シミ予備軍まで浸透するから、これまでにない美白ケアを体験できます。


シミができないよう予防する

美白に心強いスキンケアを紹介できたので、肌の土台作りについても見直しましょう。

いくら良い化粧品を使っても、土台がしっかりしていなければ効果は半減しちゃいます。

基礎中の基礎ですが、念のため普段の行動を思い返してみてください。

シミを作らない肌の土台作り①日焼け止め

顔にクリームを塗っている女性


日焼け止めを塗るのに、天気は関係ありません。

曇りのほうが紫外線は強いので、雨の日も、家の中だって油断はNG

油断しているとシミや乾燥の元になってしまいます。

基本的に、日焼け止めは毎日塗ることをオススメします。

シミを作らない肌の土台作り②食事

たくさんのフルーツ


普段の生活に取り入れやすいものも多いので、好きな物から食事に取り入れてみて下さい。

《野菜・柑橘類》

美白に欠かせない【ビタミンC】が多く含まれている野菜や柑橘類。

中でも、オススメなのがキウイ。

キウイはシミ・そばかすのもとになるメラニンの働きを抑えてくれます。

ターンオーバーの促進や、むくみ解消、お通じ改善もまとめて期待できるので、積極的に取り入れましょう。

《ナッツ類》

美容効果が豊富に含まれているナッツ類は、おやつ代わりに食べられるのでダイエット効果も期待できます。

ただし、カロリーが高めなので食べ過ぎには注意。
1日20~25粒を目安に食べましょう。

《大豆類》

大豆類に含まれているイソフラボンは乾燥やシワを防ぎ、シミの抑制の働きがあるビタミンEが豊富に含まれ、シミ予防に効果的です。

シミへのアプローチは美白成分に注目して

できてしまったシミへの対処か、予防か。

あなたの肌に合わせて美白成分を選ぶことが大切。

できてしまったシミには、


ハイドロキノン
塗る漂白剤といわれる美白成分

ビタミンC誘導体
シミを薄く目立たなくする美白成分


シミ予備軍、できるかもしれないシミには、


アルブチン
未来のシミを予防する美白成分


目的に合わせて美白成分を使い分けましょう。

ここだけ押さえれば大丈夫♪

  • 肌に合わせてアプローチ方法を見直そう
  • シミへのアプローチ方法は2種類
  • できてしまったシミに使いたい美白成分
    ┗ハイドロキノン
    ┗ビタミンC誘導体
  • 未来のシミを予防する
    ┗アルブチン
  • シミのできた肌を導くスキンケア
    ┗ビーグレン
    ┗シミトリー
    ┗アスタリフトホワイト
  • シミができないよう予防する
    ┗日焼け止めは、天気室内外関係なく毎日塗る
    ┗食事はキウイとナッツ類で美容を意識

先頭へ

目次へ