MENU
×

美白を目指すなら洗顔料選びが重要。洗顔料のタイプ別に見るそれぞれの特徴と選ぶ基準とは?

白くてキレイなお肌を保ち作っていくためにも欠かせないのが洗顔です。

とはいえ、洗顔料って種類が多いですし、フォームや固形石鹸などタイプにも違いがあるのでどれが自分に合っているのか分からなくなることってありませんか?

タイプごとの特徴を知ることで自分に適した洗顔料を見つけましょう。

あなたは美白を目指すための洗顔は何を使ってる?

女性の横顔

突然ですが、あなたは普段洗顔をする時にどんな洗顔料を使っていますか?

ドラッグストアやスーパーなどの店頭に売り場を見ると、色々なものが置いてますよね。

どれくらい効果があるのか、実際に使ってみた人の評判はどうなのか。

選ぶ際に気にしていることは人それぞれあると思いますが、洗顔料のタイプは気にしたことがないという人もいるかもしれません。

洗顔料はタイプごとにそれぞれ特徴があり、自分の肌質とタイプが合っていなければ良い効果を発揮しないばかりか悪い方向に働いてしまうことも。

女性の永遠の憧れ、美白を目指すためにも洗顔料はタイプから選ばないといけません。

洗顔料のタイプは4つ

洗顔料のタイプは大きく4つに分けられ、一般的なフォームタイプをはじめ、石鹸タイプ、ジェルタイプ、泡タイプがあります。

それぞれのタイプごとに特徴があり、それらを知ることが美白への第一歩となります。

何気なく同じタイプの洗顔料を使い続けている人も、タイプは知っていても具体的にどんな特徴があるのか知らない人も、
これを気に洗顔料のタイプごとの特徴を知ることでより美白を目指していきませんか?

今使っている洗顔料で満足している人も、もっと良い洗顔料と巡り合うチャンスかもしれませんよ。

洗顔料のタイプ別に見るイイ所とイマイチな所

下を向く女性

フォームタイプ、石鹸タイプ、ジェルタイプ、泡タイプの4つがある洗顔料ですが、ここからはそれぞれのタイプ別のイイ所とイマイチな所をご紹介していきます。

「私の肌に良さそうだな」「自分は洗顔の手間ももう少し意識したいな」

など、自分のお肌事情と照らし合わせながら見てみてください。

フォームタイプ

洗顔料として1番ポピュラーなものがフォームタイプにあたります。

種類が豊富で、肌質別だけでなく、洗い上がりの状態や洗浄力の強さ、クレンジングいらずのものなど逆に選ぶのが難しいくらいではないでしょうか。

フォームタイプのイイ所は、種類の豊富さはもちろんですが、泡立ちが容易なので洗顔が手軽にできる点です。
また、フォームタイプのほとんどがチューブ容器に入っているため、洗顔料そのものを清潔に保つことができます。

しかし、イマイチな点として、界面活性剤など肌への刺激となるものが含まれていることが挙げられます。
保湿力があるとされている一方で、刺激によって肌を傷つけ結果として乾燥を進めてしまうことも。

価格が安いこともありポピュラーな洗顔料ではありますが、肌が弱い人などは避けた方がいいかもしれません。

ただ、肌への刺激となるものを無添加処方しているタイプもあるので、そういったものを探してみるのもいいでしょう。

石鹸タイプ

フォームタイプと同じく店頭で見かけることの多い石鹸タイプの特徴は、弱アルカリ性であることによる肌への優しさがあります。

また、しっかりとした洗浄力と油分を取り除きすぎないため、肌の水分量と油分量が良い状態に保たれ、ニキビ肌などの人に適しているのもイイ所です。

反対に、泡立てネットを使わないと泡立てるのに慣れが必要であることと、保管方法の面倒さがイマイチな所として挙げられます。

その他のタイプの洗顔料と異なり基本的には一度開封したら外にさらされ続けるため、雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

対策としては、使用後に水洗いの後タオルドライ、その後水はけの良い場所で乾かす手段が一般的です。

ただ、この保管方法に慣れてしまえば、たっぷりの泡で優しく洗えるイイ洗顔料であると言えるでしょう。

ジェルタイプ

水分量が多いのと洗浄力の高さから、洗い上がりがさっぱりとしているのがジェルタイプの洗顔料です。

油分の多いオイリー肌の人もしっかりとした洗顔ができ、粘度の高い洗顔料を肌に密着させながら洗えるので使い心地も気持ちがいいです。

イマイチな所では、ジェル特有のぬめりを放置してしまうことによる肌への刺激があります。

また、使い心地の良さと肌の汚れを落とさなきゃという思いから、必要以上に肌を擦ってしまい傷をつけてしまうことなどがデメリットとなります。

せっかくのさっぱりとした洗い上がりだからこそ、肌を傷つけないよう注意しながら使うようにしましょう。

泡タイプ

泡タイプの洗顔料の特徴は、なんといっても泡の状態ですぐ使える手軽さです。

フォームタイプやジェルなどは泡立てやすいよう工夫がされています。

しかし、泡タイプは容器から出てきた瞬間から泡なので、忙しい朝でも泡の力で肌を擦らなくてもしっかりと汚れを落としてくれるのです。

ただ、泡タイプの洗顔料は手軽さがイイ所である一方で、肌への負担がイマイチな所となっています。

取り出した瞬間から泡で出てくるための化学成分が含まれているものが多数あるため、肌への負担が大きくなってしまう場合があります。

擦らないことで肌へのダメージは少ないと思っていたにもかかわらず、知らず知らずで肌へ負担を与えていることになるわけです。

泡タイプを使用する際には、色々な商品を見比べ、できるだけ化学系の成分が含まれていないものを選ぶと良いでしょう。

あなたにはこれ!美白へのお悩み別オススメ洗顔料

笑顔の女性

洗顔料には4つのタイプがあり、それぞれに異なった特徴があります。

その特徴と自分の肌質を考えた上で、自分に合ったタイプの洗顔料を選ぶことが美白につながります。

しかし、「美しく白い肌になりたい!」という想い以外にも、洗顔には悩みが付きまといますよね。

これらの悩みも合わせて解消できると、肌トラブルも少なく最短で美白を実現していくことも可能です。

そこで、お悩み別にオススメの洗顔料タイプをまとめてみました。

自分の肌質を見極めながら色々なものを使いたい

あなたは自分の肌の状態をきちんと把握できていますか?

化粧品売り場によってはお肌の状態を調べてもらった上でアドバイスがもらえたりすることもありますよね。

けど、きちんと調べたことがないと自己判断で誤った洗顔をしていることも。

油分が多いからと洗浄力の強いものを使っていたけれど、実際は乾燥肌で乾燥から肌を守るために油分が多くなっている場合もあります。

そんな、自分の肌質をいまだ掴みかねている人。
または、肌質は把握しているけど、具体的にどの洗顔料がベストなのかわからない。

そういう人たちにオススメなのが、種類も豊富なフォームタイプの洗顔料です。

特化している効果も多種多様なので、自分の肌質にあったものがきっとありますよ。

敏感肌なので肌に優しいものを

「これまで色々な洗顔料を使ってみたけど、強すぎて合わなかった」

なんて経験をされたことの一度や二度あるのが敏感肌の女性です。

アトピーやアレルギー体質の女性も、洗顔料は刺激の少ないものでないとかゆみなどの症状を引き起こしてしまいます。

そんな刺激に弱い肌には、石鹸タイプの洗顔料がオススメです。

天然由来の成分で作られているのも多く、油分も落としすぎないので肌をしっかり保護しながら洗い上げてくれます。

ただし、人によっては天然由来成分そのものが肌トラブルの原因になることもあるので、天然=安全と過信せず確認してから使うようにしましょう。

洗顔料には洗い上がりのさっぱり感が欲しい

「美白は叶えたい。けど、洗い上がりもこだわりたい」

洗顔後の洗い上がりは人によって好みが分かれますよね。

しっとり感が好きな人もいれば、べたつかずさっぱりとした洗い上がりが良いという人も。

美白になりたいけど洗い上がりはさっぱりじゃないと嫌な人にとっては、ジェルタイプの洗顔料が適しています。

きちんとした洗浄力と洗い上がりのさっぱり感が、使い心地の良い理想の美白スキンケアを実現してくれますよ。

時短しつつ美白を目指したい

美白のためのスキンケアってどうしてもじっくりしっかりなケアが必要なイメージがありますよね。

でも、お仕事や育児など何かと忙しい女性にとっては、スキンケアや洗顔に時間をかけていられないこともしばしば。

泡タイプの洗顔料は、そんな忙しい毎日を送る女性の味方となってくれます。

濃密な泡が容器からとってすぐに使えるので、短い時間できちんとした肌の汚れを落としてくれます。

できるだけ化学系の成分が含まれていないものを選べば、肌への負担も少なく洗顔時間を短縮しつつ明るいトーンの肌を目指せるのでオススメです。

結局、洗顔で美白するにはどうしたらいいの?

流し目の女性

悩み別にオススメの洗顔料をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

悩みが合致した、または近しいものだったなら良いのですが、「とにかく美白したいんです!」なんて人もいらっしゃるでしょう。

そんな人たちが真っ先に求めそうなものが美白効果をうたっている洗顔料ですが、厳密には洗顔料には直接的な美白効果はないと言われています。

必要なことは、肌の汚れをしっかり落として保湿すること、外的刺激をなるべく少なくすることです。

肌に油分が多い、乾燥が気になるなど特別な肌悩みがないけど美白を目指したい場合は、添加物や化学成分など外的刺激となるものが少ない洗顔料を選びましょう。

そうすることでお肌の調子を整え、ターンオーバーが正常に働く健康的で美しい肌を作っていくことができますよ。

なりたいのは明るく美しい肌

洗顔は肌の汚れや余分な皮脂を取り除くことで、肌の状態を良好に保つ大切なケアです。

しかし、自分の肌質に合わない洗顔料で洗顔をしていたり、強く擦ったりと間違った洗顔方法をしていると肌トラブルの原因となります。

シミ・くすみ・ニキビ・毛穴など肌トラブルは様々ありますが、これらが発生すると肌は透明感を失い白い肌から遠ざかってしまいます。

『美容成分○○が配合』されているかどうかや、CMで有名だからと使い続けるよりは、
フォーム・石鹸・ジェル・泡それぞれの特徴を理解し、自分の肌に合った洗顔料タイプを選ぶようにしましょう。

明るく美しい肌は、あなたの日頃のケアが鍵なのですから。

ここだけ押さえれば大丈夫♪

  • 洗顔料はタイプが大きく分けて4種類ある
  • フォームタイプは種類が豊富。でも刺激が強い場合も
  • 石鹸タイプは肌に優しいけど、保管が面倒
  • ジェルタイプは洗い上がりさっぱり。肌を擦ってしまわないよう注意
  • 泡タイプは時短洗顔。なるべく化学成分の少ないものを選んで
  • 洗顔の基本は汚れを落とし必要な皮脂を残すこと。
  • 選ぶのに困ったら余計なものが入っていないものを!

先頭へ

目次へ